· 日常のこと

【硬いって何?】

こんにちは、風見です。

 

忘備録のように書いていきます。

 

さて、体が硬いって何か。

 

そもそもそれは柔軟性なのか可動性なのかって話です。

 

結論から言えば

 

柔軟性は変わらないが、可動性は変わる。

 

ストレッチは神経系に呼びかけをして可動性を上げている。

 

柔軟性をを変えるとすると

 

細胞単位での変化が必要となる。

 

そして、それには何が必要か。

 

それは水分であると。

 

網目状になっている細胞を水分が駆け巡ることで

 

筋肉や細胞の柔軟性をキープしています。

 

そして、柔らかさというよりは

 

粘性という表現で表されます。

 

水分って本当に大事だなと感じました。

 

 

普段現場でも

 

柔軟性と可動性は違うということを伝えています。

 

また、可動性の獲得こそが

 

パフォーマンスアップに繋がっていること、柔軟性はそうではないことが多いということ。

 

故に可動性のアップを目的としたことを多く取り入れています。

 

 

その可動性を確認することの一つとして

 

“ しゃがむ ”

 

があります。

 

 

各関節の可動性を使えていないと

 

しゃがむことができません。

 

足関節の可動性ですか?

 

と聞かれることも多いですが

 

“ 全部です ”

 

と返答します。

 

どこか一つだけ

 

ということはまずありません。

 

全て連動して初めて関節です。

 

ということで今日も大人の人向けのカラダ塾を

 

してきます。

 

皆さま、自分の思い通りに動けますか?

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly

■告知■
フラスターのトレーナー事業部で勉強しながら現場に行きませんか? トレーナー事業部バンク生募集中 毎月朝一違うテーマで勉強会しています! 風見知希のコンディショニングミニ勉強会 AT・柔整などの国試対策の塾、問題作成などもしています フラスター塾